木製バット製造工程

画像

1. 乾燥

原木から長さ約1m、1辺約10cm角に製材されたバットを乾燥させる。

※バット材は主にメイプル、ホワイトアッシュ、青タモ、朴などが使われている。

画像

2.荒削りと計量

乾燥されたバット材をバットに近い形状に荒削りする。

それと同時に重量の計測も行う。

画像

3.選別

木目の状態や節の有無、重量などをチェックしながら硬式、軟式、トレーニングなどに選別する。

画像

4.中間削り

荒削りから一気に仕上げ削りを行う場合もあるが、オーダーなどの場合はバットにより近い中間削りを行い、重量など正確に対応できるようにしている。

画像

5.仕上げ削り

ロクロに中間削りしたバット材をセットし、ノミ(丸バイトや平バイト)を使ってサンプルに合わせて削っていく。

画像

6.研磨

やすりや研磨機を使って磨く

画像

7.塗装(下塗り)

注文のカラーに合わせて吹き付け塗装を行う。

画像

8.マーク印刷

シルク板を使用してマーク印刷をする。

※シルク板にインクを乗せて印刷向きを調節し、バットを回転させながら印刷する。

画像

9.仕上げ塗装

マークが剥がれにくく、湿気を含みにくくする為、クリア塗装をする。

画像

バット材の仕上げまでの形状の変化

画像

10.仕上げ

すべての工程が終わった後、重量やカラーなどをもう一度チェックし、シュリンク(袋)に入れ梱包して出荷する。